竹に覆われた50人の島の、お店と宿。

何気ない島の日常は、訪れる人にとっての非日常。
日常と非日常が、島の人と訪れた人をつなぐ。
買い物という何気ない日常があるお店、
かつての日常だった暮らしを体験できる宿が、
人と人がつながる場所となる。
竹のように “しなやかなつながり” を、この島で。